予算内で憧れの平屋を建てられるのか不安な方へ。デザインも性能も諦めずに相談してみてください!安心して相談できる工務店をピックアップしてご紹介します。

新築平屋の内覧会で確認すべきポイントや持ち物は?【チェックリスト付き】

公開日:2020/06/30  最終更新日:2020/07/03


念願の新築平屋が完成したら、忘れてはならないのが内覧会です。内覧会とは「建物検査」「施主検査」「顧客検査」とも言われる引き渡し前のチェック会のことで、平屋が設計書や契約書通りにきちんと建てられているかを施主の目で確かめること、設備の使用方法の説明や注意点を受けることが内覧会の目的になります。

今回は最重要ミッションともいえる新築平屋の内覧会で確認すべきポイントをチェックリスト付きでご紹介します。

内覧会に必要な持ち物とは?

内覧会で大切なことは、平屋が工務店に依頼し契約した通りに完成されているかをチェックすることで所要時間は2~3時間程度です。万が一、設計書との相違や設備の不具合、キズがある場合はそれらの修繕を依頼することになります。

もしこの内覧会を過ぎた後に見つけた場合は、修繕に別途費用が発生したり、修繕の対象とならないケースもあるのでしっかりと事前準備をして内覧会に挑みましょう。

□設計書・間取り図
最新の設計書や間取り図を持参しましょう。内覧会で実際に新築の平屋と照らし合わせてチェックしていきます。

□スリッパ
内覧会は見学会とは違いますのでスリッパの用意が必要になります。また、屋根裏や床下の確認を考えると靴下の用意も忘れないようにしましょう。

□カメラ
内覧会で見つけた不具合やキズを記録するのに、デジタルカメラやスマートフォンで必ず記録を残すことをおすすめします。

□メジャー
内覧会後の新生活に向けてカーテンの採寸や設置したい家具の大きさを計測するのに重宝します。基本的に大きな修繕がなければ内覧会後2週間程度で新築での憧れの平屋生活が始まるので、内覧会の際に必要な採寸を済ませておくのが理想的です。

□水平器
 床が垂直になっているか確認する際に使用します。ビー玉やゴルフボールなどで代用するのも良いですし、メジャーと水平器が一体になっているのもあります。
 
□懐中電灯
ロフトや屋根裏、床下を確認する際に必要不可欠です。また日中であっても、室内の壁や床のキズを見落としがちですので懐中電灯を活用しましょう。
 
□筆記用具
気になる箇所や確認したいことは全てメモに取り、内覧会当日にクリアにすることが必要です。

□マスキングテープ
キズや汚れの位置を正確に伝えるのはなかなか難しいものですが、マスキングテープがあれば粘着剤を気にせず印を付けることができます。

□タオル・ウェットティッシュ
床や柱についているのがキズなのか汚れなのか一見分からないことがあります。タオルやウェットティッシュがあればサッと拭いて確かめることができるので便利です。

外観は屋根から境界線まで全体を見よう

平屋の外観のデザインを設計書と比較するのも大切ですが、一番大切なのは 安全安心に暮らすために屋根や外壁などの確認を内覧会で妥協しないということです。新築だからと言ってひび割れや雨樋の欠け、サビが絶対にないとは言い切れません。

また新築で家を建てた場合に、隣家との境界線の認識の相違によるトラブルが起こることも少なくありません。土地の境界線についても内覧会の際にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

外観の確認チェックリスト

□外構工事が完了している(平屋以外の外側の工事・駐車場含む)
□屋根や外壁にひび割れがない
□塗装の色むらや塗り残しがない
□金属部分のサビや腐食がない
□雨樋に欠損がない
□窓とサッシの間に隙間がない
□排水溝の勾配に問題がない
□インターホンが正常に動作をする(音・カメラ)
□郵便受けに不備がない
□電気メーター・ガスメーターの確認
□給湯器・エアコンの室外機が安全に固定されている
□水栓を設置していれば状態を確認する

室内は確認と採寸をしよう

内覧会で室内を確認する際にまずやるべきことは、設計図と間取りに相違がないか確認しながら立て付けの状態やキズや汚れの有無を確認します。気になるキズや汚れは、持参したマスキングテープで印を付けておきましょう。

また、カーテンや設置する家具家電の採寸は、内覧会で平屋の室内の状態を確認し終わってから進めましょう。

室内の確認チェックリスト

□床が水平になっている
□窓の位置や高さを確認し開閉がスムーズにできる
□ドアの位置から床材の切り替えが自然になっているか
□壁紙に隙間がない
□床・柱・壁にキズや汚れがない
□コンセントの位置や数
□収納の種類や大きさが合っている
□電気照明がきちんと使える(部屋単位で確認)

水回りも忘れずに!

キッチン・浴室・洗面所・トイレなどの水回りも引き渡し後に不備が見つかった場合、生活をしながらの修繕工事は大変な苦労が生じるので内覧会の際にしっかりチェックしましょう。
また、
洗濯機置き場の水道や排水溝、食器洗い洗浄機の排水についても見落とさないように確認してください。

水回りのチェックリスト

□水量が十分だと感じられる
□出した水がスムーズに流れている
□水を出す・流す際にボコボコと異音がしない
□異臭がしない

まとめ

新築平屋の内覧会で絶対に確認すべきポイントや当日にあったら便利な持ち物についてご紹介させていただきました。簡単に分かりやすくチェックリストにしたので、ぜひ内覧会に行かれる際はご活用ください。

内覧会に時間がどれだけかかっても念願の新築平屋ですので気になること、心配なことをひとつも残さないよう内覧会では遠慮せず工務店・業者に確認することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧