予算内で憧れの平屋を建てられるのか不安な方へ。デザインも性能も諦めずに相談してみてください!安心して相談できる工務店をピックアップしてご紹介します。

ウムハウス(Um House)の口コミや評判

公開日:2020/06/10  最終更新日:2020/08/18

Um House(ウムハウス)の基本情報

社名:マル祐戸田建築株式会社
代表取締役:戸田 哲行
事業内容:新築/リフォーム/不動産サポート/住宅ローン相談
住所: 静岡県浜松市北区細江町三和165-4
電話番号: 0120-450-502/053-542-0727
営業時間: 9:00〜17:30
定休日: 水曜日

家を建てる際に、気づいたら予算を大きく超えてしまい念願の新生活を前に頭を抱えてしまったという話をたまに耳にしますが、マル祐戸田建築株式会社が手掛けているウムハウス(Um House)ならそんな心配は減るでしょう。

ウムハウス(Um House)は付帯工事費やカーテンなどを含めた分かりやすい建物価格になっており、あとは土地代を足すだけなので、これから平屋を建てるのに一体いくら費用が必要なのかが一目瞭然です。

今回は、予算通りに平屋を建てたい人におすすめの浜松市北区にあるマル祐戸田建築株式会社のウムハウス(Um House)をご紹介します。

予算オーバーの心配がない

ウムハウス(Um House)は浜松市を中心に家づくりを行っていますが、創業60年以上で2,000棟以上の家を建てている実績があります。ローコスト住宅から平屋まで手掛けているわけですが、共通して言えるのは、理想のデザインから生活動線を考えた間取り、最先端の壁紙や木材へのこだわりなど数十年暮らす家のことをたっぷりと時間をかけて満足いくまでとことん付き合ってくれる業者です。

初めての打ち合わせから仮契約を経て本契約まで約3か月、平屋の着工から引き渡しまで5か月前後と時間に余裕をもって理想の平屋を実現に導いてくれます。

そんなウムハウス(Um House)だからこそ予算通りに建てられる平屋を提案し不安のない新しい生活をスタートできるようしっかりサポートしてくれます。

価格が分かりやすい安心感

平屋を建てる際に必要な費用は、土地代+建物価格ではありません。申請手続き費、電気やガス・水道などの付帯工事費、より良い家ににするための断熱工事費、デザイン料、それに照明やカーテン、アンテナも忘れてはいけません。

そうなると予算は直ぐ超えてしまい、資金計画を練りなおしつつ、理想の平屋の何かを諦めなくてはならないのが現実です。ウムハウス(Um House)ではそういった必要な物、素人では気が付けない建築確認申請費用までを丸ごと含めたパッケージ料金で平屋の価格費用を紹介しているので、予算内で平屋が建てられる安心感がとても大きいと言えます。

完全自由設計ではない!?

<画像引用元:https://www.umhouse.jp/>

ウムハウス(Um House)で建てる平屋は建坪21坪以内で1,380万円(税別)からになっているので予算内で建てられるとて幅広い世代から選ばれています。そこで気になるのが低価格の平屋だと自分のイメージしている平屋が建てられないのでは?と気になる方がいらっしゃるでしょう。

平屋を抑えた価格で建てられるとなるとどうしても完全自由設計とはいかなくなるからです。ウムハウス(Um House)の場合は平屋の広さによって価格が変わりますが3LDK以内であれば間取りは自由になっていますが、出入口、水回り、収納数に限りはあります。

そしてキッチンやバスルーム、平屋の外観や屋根を含む外壁材はウムハウス(Um House)で決められている中から選ぶスタイルになっていますが、V最新のモデルや仕様になっているので満足がいくでしょうし、家族構成とライフスタイルにあう平屋を建てることは可能だと感じましたし、平屋で人気のロフトや蔵もつけられるので完全自由設計ではありませんが、十分だと言えるのではないでしょうか。

シェルターを目指す!安全性

<画像引用元:https://www.umhouse.jp/>

ウムハウス(Um House)の目指す安心な住まいとは、シェルターのように強く家族を守る家です。ウムハウス(Um House)が採用しているダイヤモンドフレームは、震度7レベルの大地震が連続して6回襲ってきても耐え抜く技術で高層建造物で有名な東京都庁や、横浜の代名詞である横浜ランドマークタワーでも採用されています。

建物と基礎、土台の間にフレームを組み込む方法で、地震の揺れを吸収することで揺れによる家の変形を抑えるようです。また、気になる免振についてもしっかりと施されています。

地盤が弱く液状化の心配がある土地でもSP免振基礎工法で震度7の地震でも震度3程度にまで減らし傾きが生じないように防ぎます。このSP免振基礎工法は東日本大震災の際にも力を発揮していて被害がゼロとのことです。

こだわりの素材で建てる贅沢

平屋の安全性も大切ですが、ウムハウス(Um House)は素材にもこだわっています。熟練の技を持つ職人の手作業による自然素材の塗り壁は贅沢とも言えます。

色や質感も楽しむことができる上に身体に優しいことが特徴な塗り壁は、小さなお子さんがいるご家庭や、アレルギーが心配な方、気管支に不安がある方にも好評です。また、塗り壁は時間の経過とともに味が出てくるので、家族の歴史を目に見るような感じで、胸にグッとくるものがあるでしょう。

定期点検からリフォームまで任せられる

ウムハウス(Um House)では、生活を始めてからの困ったお悩みにしっかり対応してくれます。電話での対応ではなく、実際に家に足を運んで直接相談に乗ってくれるので頼もしい存在です。

引き渡し後の定期点検は、自分では気づくことがなかなか難しい屋根や外壁の状態などを中心に1年・3年・5年・10年と行っています。そして、将来的に手すりを付けるなどが、リフォームが必要になった際もウムハウス(Um House)に任せられるので必要に応じて気軽に相談できるのも嬉しい点です。

まとめ

<画像引用元:https://www.umhouse.jp/>

予算内でしかも価格を抑えて平屋を建てたいとお考えの方の選択肢にぜひにウムハウス(Um House)を入れていただきたいと思います。また、リノベーションも得意としているので、2階建て以上の住宅に住んでいて、子どもが育った後に不要になった2階をなくして平屋に変えたい
とお考えの方にもおすすめです。

ウムハウス(Um House)へのアクセス

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧