予算内で憧れの平屋を建てられるのか不安な方へ。デザインも性能も諦めずに相談してみてください!安心して相談できる工務店をピックアップしてご紹介します。

有限会社遠山建設の口コミや評判

公開日:2020/04/10  最終更新日:2020/08/18

有限会社遠山建設

社名:有限会社遠山建設
代表取締役:遠山 光典
事業内容:一般建設業 など
住所:静岡県浜松市北区保豊286-11
電話番号:053-588-362
営業時間:9:00~19:00
定休日:非掲載

有限会社遠山建設は地元密着型工務店として、静岡県浜松市浜北区に根付いた工務店です。1965年の創業以来、お客様が感じている住まいの不安や悩みに身近で信頼できる存在になることを目指しています。

人が生きていく上で重要な居・食・住のうちの住を掌る遠山建設は、住む人がより自分らしく、家族が最大限に楽しみながら暮らせる家づくりを心掛けています。若い世代から人気を集め再燃している平屋ですが、遠山建設は20代・30代はもちろん、60代からの住まいづくりとして平屋を強く紹介しています。

天井が高く、時間の流れからも解放されるような安心で快適な遠山建設の平屋のこだわりについてご紹介します。

60代からはやっぱり平屋がいい

 <画像引用元:http://hiraya-jutaku.com/>

若い時は気にならなかった家の階段の上り下りが次第に億劫になるのが60代頃ではないでしょうか。毎日の洗濯物や布団干しは案外重労働です。

2階建ての家の場合、1階スペースはリビング・キッチン・浴室、2階部分は夫婦の寝室・子ども部屋が多いでしょう。子育て中はもっと大きく広い家に住みたいと感じることがあっても、子どもが巣立った後の2階はガランとした物置状態になり換気などの管理も手間に感じますよね。

平屋であれば、マンションの様に平面でフラットな生活が送れるので毎日の暮らしの動き自体が楽になりますし、終の棲家としてバリアフリーへ改築がしやすい点が60代からの方にから人気のようです。

また、ワンフロアーであっても2階建て住宅の様に夫婦それぞれの空間を設計することも可能なので、プライバシーやパーソナルエリアは戸建てのままなのも平屋の魅力だと思います。大きな窓から庭を眺めて季節の移ろいをゆったり感じたり、中庭で家庭菜園を楽しんだり、60代からの平屋暮らしはちょっと贅沢な時間が過ごせそうな予感がします。

天竜杉を使った本物の家

 <画像引用元:http://hiraya-jutaku.com/>

家づくりに国産の木材を使用している工務店は多く存在しますが、遠山建設では日本三大美林のひとつである静岡県浜松市天竜区の天竜杉を贅沢に使用しています。浜松に家を建てる=浜松で育った木材を使用するのが最適なのです。

その理由は、家を作る木材は森から<strong伐採された後も呼吸をし生きているからです。遠山建設は、樹として育った土地と木材として家の一部になった場合の環境が近いほど、天竜杉の特徴や良さを十分に発揮できると考えているからです。

その考えは、誰が聞いてもなるほどと納得するでしょうし、その考えは遠山建設の初代社長が長年大工の棟梁として活躍していたことから家づくりだけでなく木材に対しても真面目に向き合っているという印象を受けました。

遠山建設のこだわりは、天竜杉を使うだけではありません。天竜杉を伐採する時期にもこだわりを持っています。切り旬と呼ばれる伐採に適した時期は、木の休眠期の9月・10月と言われており、遠山建ではその切り旬時期に伐採した天竜杉を時間をかけてじっくりと天日で乾燥させてから家づくりに用います。

天竜杉のココがすごい!

遠山建設で使用するこだわりの天竜杉の特徴について触れておきます。天日で時間をかけて乾燥熟成された天竜杉は、柱や構造躯体などの家の要部分に使用されます。

天竜杉は乾燥熟成させることで、より樹脂を出し、その樹脂が地震の揺れに粘り強く耐える要素になる他、家の大敵であシロアリを寄せ付けない効果も期待できる、家づくりに非常に優れた木材なのです。

理想的な間取りは?


遠山建設では平屋の間取りを2つのプランで紹介しています。夫婦で暮らすにはちょうどいい間取りの中に20.0帖の広さのリビング
も含まれているので、友人や孫が遊びに来てもゆったりと過ごせるでしょう。

プランの具体的な中身は、20.0帖のダイニングとは別に8帖の寝室と収納力たっぷりな3.0帖のクローゼットがあるタイプと、ダイニングを17.0帖にし、20.0帖の大空間の洋室タイプがあります。20.0帖もあればウォールドアなどのパーテーションを使うことで2部屋にでき、スペースの有効活用が臨機応変にできたり、ゆくゆく介護ベッドを置くとなった場合も十分なスペースになるでしょう。

どちらのプランもユニットバス2.0帖・洗面所2.0帖・トイレ1.0帖・玄関2.0帖に加えてウッドデッキもプランに含まれているのも嬉しい点です。天気の良い日はウッドデッキで過ごすのも気持ちが良いでしょう。

気になる平屋プランの価格は1,380万円~(税別)になっています。具体的な価格費用は設備によって異なりますが参考価格として知っておけるのは安心ですね。

まとめ

 <画像引用元:http://hiraya-jutaku.com/>
60代からのセカンドライフをより充実させる平屋住まいを提案している遠山建設は、平屋の提案だけでなくリフォームやリノベーションも手掛けています。第二の人生を豊かにするために平屋を選ぶか、住み慣れた家をリフォームするのが良いかの相談も対応してくれるので、第二の人生に適した住まいをお探しの方は、遠山工務店に相談してみるのも良いでしょう。

有限会社遠山建設へのアクセス

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧