予算内で憧れの平屋を建てられるのか不安な方へ。デザインも性能も諦めずに相談してみてください!安心して相談できる工務店をピックアップしてご紹介します。

吹き抜けのある平屋は寒いってホント?事例から特徴を理解しよう

公開日:2020/01/28  最終更新日:2020/01/30

平屋に吹き抜けがあったら素敵だと想像を膨らませる方も多いのではないでしょうか。平屋の間取りを設計する際に、開放感・空間の広がりを演出するため、吹き抜けを設けることが増えてきています。

しかし実際、平屋に吹き抜けを設計した方から、吹き抜けの下の部屋が寒いという意見がちらほらと見受けられるため、吹き抜けをつくると暖房効率は下がるのでは? と心配する方も多いです。本当に平屋に吹き抜けがあると寒いのか、 万が一寒い場合の防御策はあるのか? 本コラムでは事例から、平屋で吹き抜けを設計する際の注意点を探ってみました。

吹き抜けは窓の断熱性が鍵を握る

結論から言うと平屋に限らず住居に吹き抜けをつくると冬には、その下の部屋は寒くなります。暖かい空気は上に上がりやすく、冷たい空気は下にたまりやすいという現象が起こるからです。

平屋の場合も同じで吹き抜けがあると、多少の暖房では暖気がすべて上部に行ってしまうため、暖房効率が下がり、寒くなってしまいます。しかし、シンプルに外壁・屋根・床下などの断熱がしっかりしている平屋では、冬の外気がシャットアウトされ寒さは相当緩和されるのです。

冬の外気はとくに窓から冷気が入り込みやすく、暖気も冷めやすいものです。温度差は健康にも悪影響があり、こうした現象をコールドドラフトと言います。対策として平屋の窓の断熱性を高めることでコールドドラフトを抑制できると言われています。

住居全体を断熱構造にしている(高断熱高気密住宅)で窓を二重サッシにしている平屋では吹き抜けのある部屋が寒いということは無いようです。家全体の温度を一定にすることで、ヒートショック現象も抑止できるので、健康面でも安心できますね。

シーリングファンを活用する

平屋を高断熱高気密にする以外に、吹き抜けのある部屋を暖かくするために、吹き抜けの天井にシーリングファンを取り付けている平屋もあります。これは天井付近に溜まった暖気を拡散し、部屋全体に循環させるため、部屋下部の寒さを抑制するのに効果的です。

同じような効果が期待できるサーキュレーターを活用している平屋もありました。サーキュレーターは一見扇風機と見分けが付きにくいのですが、空気を循環させるのが目的なので、狙った場所に直進的に強い風を送るようにできており、対して扇風機は快適な涼しい風を広範囲に贈るようにできているという違いがあります。

また、吹き抜け部分を自動開閉するレース状のシェードで覆ってしまう(仕切ってしまう)システムを取り入れている平屋もありました。昼間は採光し、夜はシェーディングしてしまうことで暖房が5℃以上も下げられたという報告も見受けられるほどで、効果は絶大のようです。

シェーディングは白いレース状なので、透け感があり、圧迫感がないのも平屋の空間環境に良いと思います。いずれにせよ、高断熱高気密な平屋にするだけでなく、吹き抜けのある平屋を暖かくする方法はあると考えて良さそうですね。

必要に応じて床暖房を取り入れる

忘れてはならないのが床暖房の存在です。足元から温めてくれる床暖房は効果を実感でき大変魅力的ですが、平屋全体に床暖房を取り入れるとなるとその分費用が上がってしましますので、必要に応じて床暖房を取り入れるのも賢策だと思います。

床暖房はほかにも利点があります。アコンの暖房は空気を乾燥させてしまい、石油ファンヒーターは空気を汚してしまうという欠点があるものですが床暖房は欠点がありません。

平屋を建てるなら床暖房にしたかったけど、そこまで予算がなかったという方で、ホットカーペットを使用することで床暖房に近い効果を得ている例もありました。手軽に床を暖めることができるという点では簡単で費用も抑えて取り入れやすいと言えますね。

平屋に吹き抜けがあった方がいい理由

平屋住宅では採光や通風に問題が起こりがちです。寒いから吹き抜けを設計しないというのはもったいない考え方だと思います。

吹き抜けがあることで、採光や通風を確保し、寒さ対策をするというほうが平屋にはふさわしい考え方ではないでしょうか。せっかく平屋を建てるならとことんデザインも性能も生活のしやすさも考えて設計するべきだと強く思います。

まとめ

平屋に吹き抜け作られている場合、何も対策をしていなければ寒いと感じることはあるでしょう。しかし、吹き抜けの特性を理解し、対策をしている事例をみると平屋に吹き抜けはあった方が良いという結論になると思います。

平屋住宅では採光や通風に問題が起こりやすいことを考えると、吹き抜けがあるというのはおしゃれなだけでなくおすすめだと言えるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧